So-net無料ブログ作成
産後うつ ブログトップ
前の1件 | -

産後うつ病になりやすい人とはどんな人? [産後うつ]

スポンサーリンク







この記事では、産後うつ病になりやすい人はどのような人なのかをまとめました。



500x0_533302e4-2454-413a-9a86-44bc0a0100b9.png.jpg
http://mamari.jp/618より引用



現在妊娠中、特に初めてのお子さんの場合、お母さんの不安は大変大きいものです。



無事に生まれてきてくれるのだろうか、子育てはうまくいくだろうか…



ほとんどの人が、そんな不安に悩まされます。



そんな不安の末に、お子さんが生まれた後で「産後うつ病」という病気にかかる方が近年多くおります。



正確には、その病名がようやく世間に浸透してきたというべきでしょうか。



このブログでは、これまで「産後うつ病の治療法」「産後うつ病の予防法」などの記事を書いてきました。



そこで数度にわたりお伝えしてきたことは「産後うつ病は必ず完治させることができる」、そして「産後うつ病は予防できる」ということです。



そこで今回は、産後うつ病になりやすい人とはどんな方なのか、そして産後うつ病になりやすい人はどのような予防をすべきかをご紹介いたします。



まず、産後うつ病になりやすい人とは…



妊娠をしている、もしくはお子様が生まれたばかりのすべての女性です。



産後うつ病は、基本的には「子育てにたいするプレッシャーや疲労」によって、気分が落ち込んでしまうという症状が主に挙げられます。



しかし、そんなことは当然のように全員経験をすることです。



そこから、さらにもう一つ気持ちが落ち込んでしまうのが、いわいる「産後うつ病」の正体なのです。



しかし、その中でも「特に産後うつ病になりやすい人」という方がおります。



それは「真面目な人」や「完璧主義な人」たちです。



本来、人間は自分の限界を超えると、体も心も休養を取ろうとします。



また、旦那様や身近な友人、実家のご両親に不安のひとつも打ち明けてしまうものなのです。



じつは、こういった行動は自然と「産後うつ病に対する予防」になっているのです!



しかし、あまりにも真面目だったり、完璧主義の方は…



「子育ての愚痴なんていってはいけない」



「旦那ははたらいているのだから、子育ての事は自分一人でなんとかしなくては」



と、自分自身にプレッシャーをかけてしまいます。



つまり、産後うつ病になりやすい人とは「出産や子育ての責任をすべて自分の責任だと思ってしまう、とても真面目な人」ということです。



もしこの記事を読んでいる方の中にそういった考えの方がいらっしゃったら、声を大にして伝えたいことがあります。



それは、「出産ほど大きな仕事はない」ということです。



旦那さまがどんなに忙しい仕事でも、あなたのように命を生み出す事は出来ないのです。



そして、新しい命を生み出すという大業を果たしたあなたは、体を休ませてしかるべきなのです。



もちろん、出産したその日から子育ては始まります。



しかし、旦那さまや周りの人と子育てを共有することで、少しでも自身の負担を減らすことは悪いことではありません。



また、妊娠時からできる限り旦那様やご実家のご両親などの助けを借りるようにしましょう。



お子さんの健康はもちろん、あなたが心身ともに健康でいることも子育ての一環です!



それでももし不安な気持ちになったら、声にだしてこう言いましょう。



「なんとかなるよね」



産後うつ病になりやすい人は、総じてこの言葉を嫌う人が多いように見受けられますが、この言葉は産後うつ病の予防には大変効果的です。



一人で背負い込むことは決してしないことが、子育ての秘訣かもしれません。



【関連記事】

産後うつ病の治療方法と詳細な症状について

産後うつ病の予防方法!妊娠中から実践しよう!



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
前の1件 | - 産後うつ ブログトップ