So-net無料ブログ作成
検索選択

産後うつ病の治療方法と詳細な症状について [産後うつ]

この記事では、産後うつ病という病気と治療法についてまとめた記事です。



スポンサーリンク








産後うつ病」…最近よく聞きますね。




うつ病と言う言葉はこれまでも多く使われており、たくさんの方がその病気に悩まされています。



産後うつ病に限らず、うつ病の主な症状としては




①気分が沈んでしまう

何をしている時も自分を責めてしまったり、憂鬱な気分になってしまう。特に午前中がひどい場合が多い。




②趣味や仕事が楽しめなくなる

これまで楽しんでいた趣味や、やりがいを感じていた仕事が、突如つまらなくなってしまう。また、新しいものへの興味が薄れる。




③不安に襲われる

なにをするにも周りからの目を気にしてしまったり、逆に一人でいることがたまらなくつらくなったりしてしまう。うつの初期症状からあらわれるため、治療ではこの不安感を取り除くことから始める場合が多い。




他にも、不眠・過食・食欲不振・めまい・発汗・肩こり・全身の倦怠感などたくさんの症状が挙げられ、ひどい時には自殺願望まで芽生えてしまうという、大変怖い病気です。



o0430026611317217017.jpg
http://ameblo.jp/utsumama/entry-10936809960.htmlより引用



うつ病の原因ははっきりとは解明されていないようですが、現在わかっていることは「環境要因」と「身体的要因」の二つに大きく分けられています。




うつ病の原因となりうる環境的な要因

・家族や友人との別れ

・仕事などやりがいの喪失

・転職や転勤

・結婚や離婚

・妊娠や育児




うつ病の原因となりうる身体的要因

・過度な疲れ

・癌や感染症などの病気

・脳血管障害

・月経や出産




驚いたことに、誰しもが普通に生きていく上で経験することが、うつ病の原因となってしまうのですね。



つまり、うつ病の原因は「なんらかの要因でホルモンバランスが崩れてしまう」ことにあるということです。



もうすこし詳しくお話すると、ホルモンが激減するということなのですが…



うつ病が女性と高齢者に多いというお話も、うつ病にはホルモンバランスが大きく関わっているからなのですね。



さて、本題に入ります。



うつ病の原因の中に「妊娠や育児」「月経や出産」という原因がありましたが、それが原因となってしまいうつ病になってしまうことを「産後うつ病」というのです。



出産という身体的要因の上に、初体験の子育てという環境的要因まで加わってしまう…



こう考えると、出産とはうつ病になる可能性が大変高いものなのかもしれませんね。



では、そんな産後うつ病の治療はどのようにして行われるのでしょうか?



実は、産後うつ病の治療法は難しいものではありません。



それは、「休養」と「相談」です!



こんなこと、本当に治療になるの?



…と、もしかしたら思うかもしれません。



しかし、それが一番の治療なのです。



まずは旦那様に自分の気持ちをしっかりと話し、理解してもらいましょう。



そして、子育てを自分だけの責任と考えず、家族みんなで共有するのです。



旦那さまは、もしかしたら仕事が忙しくて手伝えることが少ないかもしれません。



しかし、本当に簡単なことからで大丈夫なので、少しずつわかってもらいましょう。



ゴミ出し、風呂掃除…自分が飲んだコーヒーのカップを洗ってもらうだけでも、あなたはきっと楽になります。



また、友人や両親を家に招き、お子さんが寝ている間におしゃべりをするのも、治療としては大変効果的です。



もし、あなたがそれでもつらい場合は、迷わず病院にいくことをお勧めします。



産後うつ病の専門は「心療内科」もしくは「精神科」での治療となります。



これまでそれらの病院にかかった事がない方は、少し抵抗を感じるかもしれません。



しかし、決してそれは恥ずかしいことでもなんでもありません。



風邪をひいたら内科にいって治療をうけますよね、それと同じです。



また、産後うつ病の大きな特徴として、旦那様にきつくあたってしまう事が挙げられます。



一番身近だからこそ、つい口調を荒くしてしまうことは産後うつ病ではなくてもあること…



そして、それによって傷つくのはあなた自身です。



旦那様に言いたい事があったら、まずはちょっとだけ優しく言ってみましょう。



そして、もしも強い口調で言ってしまったら、なるべく早めに一度謝ってしまいましょう。



相手に対しての、ほんの少しの思いやりが、あなたの症状をかならず和らげます。



産後うつ病の症状は、出産1ヶ月~3ヶ月から発症することが多いといわれています。



出産という大きな仕事を終えたお母さん、まずはしっかり休養をとって自分を大切にしましょう!



それが、一番の子育ての秘訣かもしれません。



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: